2014年4月26日土曜日

あたしの木。



あたしの木。

こでまり。



今年は いちだんと魅力が増し、 ほおずりしながら わたしのお顔は うずくまってしまいます。

実はこの木、幼い頃、実家の近くにある 立派な桜の木のあるお家のおばぁちゃんが

道路をつくるため、桜の木を切らなければならなくなり、 その側にあったコデマリを 

わたしに といって 母親に名指しで届けてくれたんだそうです。

今でも、 母親は コデマリは 「あなたの木」 といいます。


買ったでもなく、 願ったでもなく、こうしてご縁はやってきて 

時期になると わたしのこころを やさしく花開かせてくれます。


ご縁というものは
 
知らぬ間にやってきて 気づけば 大きな存在となり、学びや喜び、支えの軸だと気づくことすらあります。

いまは亡きおばぁちゃんから受け継いだ命あるお花。


ありがたく 共に生かさせていただきます◎






そして、今日も、とてもここちの良いご縁を感じました。
 
お寺の方と 陶芸家の方と奥様と わたし。

あなたと飲みたいと 声をかけてくださってのはじまり◎

テーブルはひとつとなり、 まさに人と人を結ぶ月のように

ツキユイは ありました。


キャッチボールを回しながら くるくる ふわり♪ くるくる ふわり♪

 互いに 興味深い話は飛び交い、ご縁を感じての感謝の言葉があふれていました。


こうして、 いつも すばらしいタイミングで繰り広げられる日々。

感謝ばかりです。。。



もう、背丈は わたしよりう~んと高くなったコデマリ♪

今は お店を 満開の笑顔で彩ってくれています。



 



そして、お堂の前に捨てられていた 開ききったチューリップたち。

まだ 生きていたので 連れて帰って仲間入り♪

ちゅーりっぷだと気づかれず、 この花はなんですか? と聞かれたり

おなじように 開いたものを 帰ったら生けよう◎ と、おっしゃってくれたり♪

チューリップも あたしも にっこり◎

きっと 「もすこし 咲こう♪」 と おもってくれていることでしょうね♪(笑)





明日も 10時より 営業です◎ 

春の野草を摘んで おまちしています♪







0 件のコメント:

コメントを投稿