2014年3月20日木曜日

☆ヒラメキ と ご報告◎




こんにちは◎ 

お元気でお過ごしですか?

私は、お店の冬季休暇中に お仕事もかねて沖縄に行っておりました◎




帰ってきて早々 雪が舞い、 沖縄ですっかり緩んだカラダは はたまた キュっとして 調整しきり。

そして、旅疲れも 高熱にて デトックス♪

だいこんさんの力をおかりして 無事解熱いたしました◎◎◎ ありがとう。だいこんさん♪



あいかわらず ミラクルの連続・・・ドラマのような旅模様は 

後日 あらためて載せさせていただきます。



そして


今日は、 とってもたいせつな 告知です◎



実は、 今回の沖縄は ほとんどいきあたりばったりで、

思っていると目の前に現れたり 電話がなったり 予定が変更になったり と

みるみる気持ちの良い環境へとつれていってくれました。

その旅の最中に ふと うかんだ言葉をメモした記憶がありました。

そのメモした記憶がよみがえったのは 帰ってきて1週間ほどたったころ。

そういえば・・・ あの時メモしたなぁ。。。と。 

メモをみることなく、感覚だけが再び思い出させてくれました。



そして、その言葉は・・・





「月結」

ツキユイ






なんだろな~ このことば・・・ 

あるのかな~  と おもったりしたけども 

沖縄のおともだちいわく 調べてもみつからないとのこと。


ふわりと浮かんだその言葉は 
想いそのもの。

音となり ことばとなり 声となり・・・
 




月は 相手がいて 輝くことができると 教えてくれる

 おひさまの命あふれるエネルギーを やさしくこちらへ届けてくれる

そして そのエネルギーは たくさんの命を結んでくれている

 あなたとわたしを その存在で 結んでくれている

そして この世に生きる たくさんの命を 照らして

すべては 結ばれていると おもいださせてくれる・・・






沖縄では、ゆいま~るといって 協力し合い、共同し、相互扶助の関係をぐるぐるまわしていく 

という意味合いをもつ言葉があるそうです。
 
まさに、まんまるに手をつないでいる形が浮かびます。

久高島で出会った人が 「この畑はみんなの畑だよ」 といっていたのを思い出します。

ばぁちゃんが大変でやれなくなったら 若い人がその分やるのだそう。

そうして畑が生き、分けあうという形が島にはあふれるのね。 





オープンして間もない時期ではありますが、


チラシを作っていなかったこと、 お店の壁看板に名前をいれずままだったこと、

注文している看板のアイアンのあがりが今年の夏以降になるということ、

これもすべて ご縁なのだと感じています・・・

そして、なにより わたしの心が 名前を口にするたび きゅんとすること。(喜ぶ)



あらためて、 明日、春分の日より


この言葉を 店名とさせていただきたいと思います。
 

「 月結 」

ツキユイ


美しいことばをいただけたこと 心より感謝いたします。





毎日 少しずつ変化していくお店を 

これからも どうぞ よろしくお願いいたします。




さぁ ことしもはじまります◎

3月21日 春分の日 10時より OPEN!!!







0 件のコメント:

コメントを投稿