2013年2月19日火曜日

どうぶつさんたちと不思議な時間。

ある日の夕方、おひさまと反対側のお空。



今日もまた 鹿をみた。 小さな黒っぽい鹿だった。 








そして、先日玄関前に血がぽたぽたと落ちているのに気がついた。

 なぜ???


と、あたりをみまわし 自分を見回す。 怪我はしていない。

よおく下をみてまわると ふわりと動物の毛の束が。。。 



たぬき?きつね?ハクビシン??? 





きっと怪我をしている。 だいじょうぶかな。
でも、なぜ うちの玄関に?
 血の跡をたどっても やっぱり 家だけ。
しかも ちゃぁんと玄関に向かっているのがわかる。
今日は、10歩くらいはなれた所に たっくさんの動物の毛。

助けを求めにきたのかしら?
こんな人里の中、しかも玄関先に、


何を知らせに・・・ 



 

 そう、ここ数日で 向き合った わたしとわたし。 

わたしとおそら。 わたしとおやま。 わたしとあなた。


貴重な時間を頂けたおかげで、改めて、大切に思ってきたことと向き合うことができました。 




ずっとむかしから だいすきだった 



いっしょに生きてきた どうぶつたち。



お山に生きる 光り輝く植物たち。

命をつなぐ たいせつな命、 


泣かしてばかりじゃいられない。


自然の流れにゆだねながら 

想うこと 祈ること 抱きしめること



続けていこう。。。 





写真は、 旧暦元旦前日だったかな、お伊勢参りに向かうため、名古屋におりたときのこと。 
チャリンコでおやまをくだっている最中、バサ!!と 音がしたので、
道路わきの落ち葉のつもったほうへ目をやると・・・・


なんと!  
なんとうつくしい!!!  


とっても きれいな なんともいえない ほんとうに 美しい鳥がいたのです。  



ひだり羽に怪我をしていて飛ぶことができず ひっしに飛び跳ねて すすんでいました。

しばらく 見守りましたが ここで手をだしてはいけまいと ぐっとひっこめ、 心からエールをおくり、大丈夫であるように祈りをとばしました。 
後で 知ったのですが、。この鳥さん「アオバト」というそうです。
海水をのむ鳥とききました。 どうか、無事に海へとたどり着きますように・・・☆



そして 多くの命が今日も笑顔を映していますように。。。












                                       





0 件のコメント:

コメントを投稿