2012年5月18日金曜日

神さま と わたし。


まずは告知を・・・

2012年 5月20日(日) 「オキナカツ」 @岐阜県中津川駅アピタ向かいの公園にて。


前回は出店で参加させていただきました音楽イベント 「オキナカツ」。 
今回は、「ビスコとヒエイ」での初出演となりました◎  お声をかけていただきうれしく思います。


今回は、19、20と二日間にわたりライブが行われます。 はじめましてのアーティストさんが多く、楽しみです♪ 


街の中にある 小さな芝生ひろば。 おひさまと青空の中 ごろんごろんしましょ♪  


お待ちしています◎





先日、5月13日(日) 晴れ◎

昨年から、気になっていた 氏神様のお宮のお祭り 「御衣祭」。

毎年、5月の13日に行われ、熱田神宮の神様の衣を ここの氏神様のお宮からお届けするというもの。  そばにいたおばちゃんいわく、昔は船で運んでいたそう・・・。

小さな子どもは お稚児さん。 おねぇさんは巫女さん。となっていっしょに 熱田さんへと向かうのです。


この日が近くなると、 お宮に張り紙がしてあり、 いつも 気になっていました。

それは、この日が わたしの生まれた日だからです。

なにか、つながりがあるように感じて、  母に その時のことをたずねました。

母は、わたしが生まれようとしているこの日、 兄と祖母をお宮へ送り、その足で病院へ駆けつけたといいます。

私は、 この儀式が終わった後、 生まれたのです。

そして、 お宮の立て看板には 「絹と麻の・・・」 と ありました。

私は以前 麻や自然素材を扱う衣料のお店 「麻芽」 で働いていました。その名前を名づけた瞬間のことも よく覚えています。 

また、このお店もはじめは 衣料ではなく 麻の雑貨で・・・という話でした。 わたしが担当することとなり、麻の衣料のお店となりました。

ふしぎなものです。



そして、 私は、白やキナリの服をまとうと 落ち着きます。 こころが自然でいられます。 

ふしぎなものです。



これまで生きてきて、自らこのお祭りへ行こうと思い、行動したのは初めてでした。  母に連れられいった幼稚園の頃以来だとおもいます。    

こうして、この年に改めて足を運ぶ機会をいただけたことに 深く感謝しています。

大切な この日に 大切な人と なんの迷いも無く、 ためらいも無く、 身を委ね、 しぜんとそこにいられたこと。  同じ瞬間に うまれた日のことへ こころを向けられたこと。。。






熱田さんでの神様の儀式が始まり、私は 手を合わせ 立ちすくみ、 いっぽも動けなくなりました。

ある瞬間、 宮司さんがなにか唱えられたときか よく思い出せませんが、 胸になにやら注ぎこまれたような感覚になり わたしの胸は パンパンでした。  あふれそうで なんともいえない 感覚でした。 たおれるかもしれないとよぎったほど(笑)   それでも そのままこころを落ち着かせ委ねていました。

その隣では、 おばちゃんふたりが、 「虹のさざ波が見える!!! なにこれ! すごい!」 とカメラごしにみていっている。  「シャッター押すとうつらないよ。」 と聞こえ、  

わたしは、 それすらおかしなことではないかのように、 うんうん。 と こころでつぶやいてから、すぐに また 神様とあたしを みつめました。


そして、 今思うと なんとも 時間がゆっくりになったかのような 一日が始まり、 何日もそこにいたかのような時間を おだやかに 終えていました。


ひさしぶりのお友達と会い、

いつものように、おいしい珈琲をいただき、

いつものように、 ばったりと お友達に出くわし。。。(笑)

しかも、 この日は 同じ場所で 重なって◎  


お誕生日のことは みんな しらなくて、 いつもどおりの笑顔でキラキラしてて。

なんでいるの~!?  とびっくりされたり(笑)      

もう、 あたしは おやまのこになっているのね♪ 笑





そして、 形あるプレゼントは なにひとつ流れてこなかったけども、

おだやかな風と光につつまれて、 はじまったこの日が 最高のプレゼントだと感じました。 

こうして一年をまたスタートできるしあわせを ほんとうにありがたく思います。


この喜びを広げるべく、そしてこれまで 絶やすことなく愛しつづけてくれた母親に ありがとう◎ の想いを込めて  花束を 一輪一輪 選ばせていただきました。



いま ここに 生きていられること。

いま ここに しあわせを感じられる こころをいただけていること。


ほんとうに ほんとうに ありがとう◎

あなたのもとに 生まれてきて よかった◎

あなたに生んでもらえて ほんとうに よかった◎

涙がかれるほど 泣いて

涙があふれるほど 笑って

こうして 生きる強さとやさしさを 

学ばせていただいていることに 感謝します◎





もうひとつ。

私は熱田神宮の中のお宮でお名前を頂いています。 

私の生まれた日も、日曜日でした。(たいよう)  

きっと、この日のように 晴れわたる おだやかな風と光だったのでしょう。

勝手ですが、そう思います◎







おつきさま。  たいようさん。


きょうも  よくねて  またあした◎







写真は また。 上書きさせていただきます♪







0 件のコメント:

コメントを投稿