2012年3月17日土曜日

つうじあう。@58moon




笛とピアノと声と鈴。この曲からスタートさせていただきました。


3月11日。

この日、カメラを置いて会場へ向かいました。 いろいろもってると 気が散らばるので。(パーコみたいになってしまうのよね♪) 笑

この日のアーティストさん、とってもげんきで笑顔がいっぱいでした◎(写真がなくて残念。。。) 
わたしの前に歌ってくれてた 松川伸之さん。おっくん♪ とっても素敵な響きでした。 しっかりと歩いてきただろう道がうかぶよな まなざし。 あったかい笑顔。 ねぇねぇもかわいくって 照れくさそうに合いの手してました。 おかげで、ぎりぎりまで遊んでしまいました◎  

アーティストさんみんなが、曲間に、震災のこと「忘れないでください」といっていたことを思い出します。

そう。 東北の人も 忘れないでいてほしい。そういっていたそうです。

そして、恐ろしい勢いで押し寄せてくる大きな波をみた 小さなこどもは、それを 「まっくろな恐竜」といっていたそうです。
どれほど怖かったことでしょう。。。

わたしは、ライブ前に届いた東北からのメールを握り締め、 心にしまい、ステージに立たせていただきました。 わたしは、話すよりも 歌おう。 そう想いを込めました。

そこに、 どれだけの温度差があったとしても、 今わたしがすることはひとつ。 
まじめに風鈴もってます(笑)


こころあるものに 愛は響く。 無償の愛をうけたものは 愛を返したくなるもの。

こどもたちと話してきたことと同じ。
ほんとのキモチを真っ直ぐに伝えること。 

「ごめんね。」 と、言葉を伝えるのではなく、 想いをのせる。
すると、 ごめんね。と笑顔が返ってくる。  

「ありがとう。」 も同じだね。

こどものように、想いをそのまま感じとれるやわらかな人でありたい。 言葉の服を着せないで想いの服をきせて生きてゆきたい。


はじめて三人での演奏♪サンシンてふしぎね。安心する。


来てくださった方々、お声をかけてくださった方々に感謝します。
まじめに笛ふいてます♪

そして、 いつも 伝えるということを 大切にしてくれるイベントを ほんとうに ありがとう◎

ようせいくん。58月さん。みなさん。 おつかれさまでした◎

そして、波紋のように響き渡っていくのを感じさせてくれたたくさんの人へ、ほんとうにありがとうございました◎


終電で、すたすた帰ってしまって申し訳なかったです。


また、 どこかで 会えるといいな~。。。

再会をたのしみにしています◎

ビスコ。







0 件のコメント:

コメントを投稿