2011年6月10日金曜日

はじめまして♪ はじめました◎

シーサー(陶芸)作家さんといっしょに陶芸あそび♪
にゃ!
やっとこ。 やっとこ。 はじまりました♪

みなさん お元気ですか?

今日から、 おやまでのできごと。 たのしい生活のこと。 作品の制作状況、新作のこと。 

広いお空に映る感情。 ばーちゃんの知恵、知識。 
いただいたご褒美など。 少しでも 四季の移り変り
や自然の声を お伝えできたらな~と思います。

こうして はじめることができたのも、 たくさんのおかげさまなのです。



昨日は、うそみたいな ゆめものがたりの様な 一日でした。

前日に お客さんがみえて、話は尽きず 朝まで飲み明かしてしまいました。 

しかし、ふたりとも10時には目が覚め 起き上がりました。

それも、いつもの鳥の声がしないと言い、カーテンを開けたことからはじまりました◎

太陽さんが 空一面に 光をひろげ 鳥たちも歌いだし コーラスか???!というくらい とっても上手に鳴くのです。

チーチチチーチチ♪   クルクルクルクルルー♪   ちーちちーちっち♪  クルクルクルクルー♪

コーヒーを挽き、 高千穂で買ってきた天然酵母パンを焼き、 ヨーグルトに手づくりジャムを乗せ、 大東島のじゃがいもと母親がせっせと摘んできてくれた大きなまんまるのグリンピースでつくったポテトサラダを添え・・・ 

 さぁて いっただっきまぁ~~~~す♪

その後は 縁側で お向かいのばぁちゃんと三人でおはなしして・・・  暑いくらいなお天気に誘われ お洗濯~♪  おふとん干し~♪  


お客さんが 作品をみてくれている間、おべんと作り◎  
梅干入りのまんまる焼おにぎりと お味噌汁、 あまり野菜の味噌炒め。 あったかい番茶を水筒に入れて~   
 

で~~~きた◎◎◎

はい~~~!  ぴくにっくですよ~~~◎   ♪♪♪


ピアニカと たいこと 笛を持って 川原へgo!

夏日のような 暑さに 川の水も つめたくてき~もちい~~

でもね。  また、 蛇をみてしまいました。。。

足をだしたその足の先に スルスルスル~~~ 「ヒ~~!!!!!!!!!」

移動移動 汗 汗

途中、化粧水を作るため、川辺に咲いている どくだみの葉を丁寧に摘んで・・・

めざすは プライベートビーチ♪☆
せっせと摘んだどくだみと
最後のワラビ◎


へびさんのおかげで おなかがすいたよ。  小さな砂浜に おべんと広げて。

はいっ!  いっただっきまぁ~~~~~~す♪

まんぷくになって 日差しにさらされながらも たのしくて セッションがはじまり・・・♪

ず~~~~~っと  ず~~~~~~~っと ず~~~~~~~~~っと

いた。

ビール片手に  ここに いた。(笑)

すっかり 夕方になっていて、 ちょっぴり急ぎ足で おうちへ帰宅。
お客さんを バス停まで見送るんだ◎  だから これから 1時間歩くのだ!!! 

日が暮れては まっくらけ。  イソイソ・・・ イソイソ・・。

が、、、お客さんのひとことで またまた素晴らしい流れ☆ 

わたしが ぶろぐをやりたいことを聞いて   いまやっちゃいますか??? って!!!

おかげで 一歩ふみだせました◎  ほんとうに どうもありがとう◎◎◎

日が沈んでいく・・・ 摘んだお花と剪定した庭木の葉をおみやげに渡し、

6時33分。 まだ 明るい!  よし!!! 出発だぁ◎


ふたりで あるくのに こんなに 自然でいられるって・・・  ほんとうに しあわせ。。。

お日様も 私たちに挨拶でもするかのように 最後に まあるく開けたお空から とっても優しい光をとどけてくれました◎

バスまちの間、食材を仕入れて お店のおっちゃんの昔話を聞き、バス停でねこバスを待つ・・・。
見上げればおつきさまが ぼんやり。。。

とっても 楽しく 充実した一日。 ほんとうにどうも ありがとう・・・☆

お客さんは この日のこの生活を通して、ひとつの 大切なものに気づき始めたようで それを話してくれました。 
自然の中に自然にいることで自然と本来の姿が見えてくる。そんな気がします。


大好きなお客様が ここち良く穏やかな気持ちでおうちまで帰れますように・・・☆  
そして、私がおうちに着くまで いっしょに帰ろうね おつきさま◎  そう願いながら 私は まっくらになった おやまを チャリンコをこいで 帰ってゆきました。 


    そして。。。


さいごの さいごに ミラクルが起こったのです!!!!!!

山を抜けて 空がひらけた瞬間!!!  

みあげたお空の真ん中に 

ふとくて

ながくて

とんでもなく明るく光る 流れ星が・・・!!!

ゆ~っくりと 流れ落ち・・・

パーンっ☆ と はじけて、 おはじきみたいに かわいく 消えたのです☆☆☆

しかも!!!  あか と あお のふたつの光を放って 分かれたのです☆☆☆!!!!

びっくりしすぎて  あぜんとし 「うそみたい・・・」  と ぼそっとゆったまま 立ちすくみました。


そして もうひとつ。

おつきさまは ちゃ~んと わたしのうしろに 着いてきてくれていたのです◎

半分くらいのおつきさま。  今日は おつきさまのまわりでなく、ふしぎなことに わたしの見上げるお空に ぼんやりと まあるく 光がみえました。



は~。

ながくなってしまいましたが、 ひとりでのできごとだったため しずかに 興奮し 「うそみたい・・・」 と なんども つぶやいているうちに  なんだか まだ つづきがある気がしてなりませんでした。




おしまい。


0 件のコメント:

コメントを投稿